LEAFO3

Macでしかつかえないもうひとつの画像管理のソフトです
iPhotoとは全く違った使い心地です。


  • シングルクリックのかんたん操作! 見るだけならiPhotoより か ん た ん
  • フォルダ単位のかんたん管理
  • 見た目のデザインをアルバム毎に変えられます   グレーだけの背景じゃつまんないでしょ




    LEAFOのスムースな使い勝手はそのまま、次の人にはうれしいVersion up です。
    • intel mac をお使いの方
    • 年賀状をデザインしたい方
    • 動画をPSPや携帯で観たい方
    • 写真を撮った場所をGoogleMapで見たい方

    右の「カテゴリ」の欄から選んでください。

    LEAFO 3.1.6(AppStore) リリース 2014年10月16日

  • OSX10.10に対応しました。
  • 新しい機能の追加はありません。




  • LEAFO3.0.15のアップデートはありません。 OSX10.9までの対応となります。
  • LEAFO3.0.15/ 3.1.5(AppStore) リリース 2013年10月23日


    • OSX10.9に対応しました。
    • ウインドウのサイズを他のアプリ同様に四辺のドラッグで変更可能としました。
    • GPS情報からマップを呼ぶメニューにOSX10.9の場合Appleマップを追加しました。
    • 印刷プリセットを登録する方法をサブメニュー形式に変更しました。

    LEAFO3.0.14 / 3.1.3(AppStore) リリース 2012年10月1日


    • 少し古いシステムで入力していたコメントが表示されない問題を修正しました。
    • アルバムメニューに「コメント...」を追加しました。複数の写真に同じコメントを入れる時に便利です。
    • その他GPS情報の設定、表示に関する不具合を修正しました。

    Retinaディスプレイへの対応について

    LEAFO3はRetinaディスプレイに最適化されていません。

    LEAFO3.0.11 / 3.1.12(AppStore) リリース 2012年7月16日

    • Mountain Lion Ready.
    • いくつかの不具合を修正しました。

    Mac App Storeにて販売を開始 2011年12月31日

    販売サイトを自社直販からMac App Storeに切り替えました。

    App Store版はバージョン3.1.xとなります。
    内容は以下の点を除き LEAFO 3.0.10 と同じです。

    ・アプリケーションアイコンを変更
    ・プライベート用のLEAFOフォルダの位置を書類フォルダ下からピクチャフォルダ下へ変更
    ・バックアップ機能を廃止
    ・カテゴリ機能を廃止
    ・OS9のラベル色の選択を廃止
    ・ファイル書き出しのファイルクリエータの指定を廃止
    ・起動時に起動画面を表示する事を廃止
    ・「LEAFOについて...」で表示されるウインドウのデザインを変更
    3.0.x版の新規お客様への販売は終了しますが開発とサポートは引き続き行って参ります。

    新規のお客様は Mac App Store からお買い求めください。